BLOG

2017年10月26日 15:20

給湯器の号数はどの大きさにしたらいいのでしょうか

 
『「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)のこと。
1分間に24L出せれば、24号となります。
号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができます。
家族の人数、お湯の使い方などから最適な号数を選びましょう。』 
(リンナイカタログより抜粋)
 
上記を読んでもわかりますが、
給湯器の『号数』は、給湯器選びにおいてはとても大切です。
 
 
 
たとえば、冬の寒い日に、
お母さんがキッチンで夕食の後片付け、
息子さんがお風呂でシャワー、しかも追い焚きしながら、
娘さんが洗面所で洗顔、
という3か所で同時にお湯をお使いの場合、
『号数』が小さいと、
十分な温度のお湯を思う存分、
全員が使用することはできません。
  
どの号数がどのような世帯におすすめかについては、
下記を参照にしてみてください。
 
・16号: 一度に複数個所で使用しない単身世帯向け
・20号: たくさんお湯を使うことの少ない2人家族
・24号: シャワー・キッチン・追い焚きなど同時で多くの使用をする4人家族
 
 
しかしながら、
基本的には、今お使いの給湯器の号数に従って、
同じものを選んでいただいています。
 
特に、マンションなど集合住宅では、
建物自体で使用可能な号数が決められている場合が多いです。
ですから、
今16号の給湯器をお使いで不便を感じているからと言って、
何も考えずに20号や24号に変えることはできないと思われます。
 
また、号数を上げたからと言っても、
既存の配管径や水圧の関係で、
期待したほど、湯量の変化を感じられない、実感できないという場合もあります。
 
さらに、『ガスメーター容量』により、
設置できる給湯器の号数も制限がありますので、
確認が必要です。
 
給湯器の取替は10年に一度あるかないかの出来事だと思いますので、
もし何かご相談があれば、
『給湯器KANSAIねっと。』までお問い合わせください。
お気軽にお電話ください! メールでのお問い合わせは365日24hOKです。フリーダイヤル 0120-920-481 平日(電話対応時間)9:00~18:00

お急ぎの方は今すぐお電話 0120-920-481
0120-920-481