BLOG

2017年10月23日 19:10

設計上の標準使用期間は10年

台風の大雨、大風すごかったですね。 
今朝の通勤は本当に大変でした。
でも、今日は洗濯物も外に干せたのでほっとしました。
 
 
給湯器は元気に動いていますか?
 
最近お問い合わせの多い給湯器の一部の機能が使えない、
例えば、追い焚きができない、
自動湯張りができないなど
これらも故障の一つで、
やはり10年以上経っていれば、
修理よりは取替をお勧めします。
 
メーカーノーリツの給湯器のカタログを見ると、
「設計上の標準使用期間は10年」と書かれていたりします。
給湯器もその使用頻度や使用方法、
設置場所環境によってその寿命は色々みたいです。
7、8年で壊れることもあれば、
20年以上使用しているというケースもあります。
 
ところで、給湯器の種類は数百あるということをご存知ですか?
機能的に大きく分類すると両手で数えられるぐらいだと思いますが、
実は多くの種類があるんですよね。(全部は覚えられませんが。。。)
それに、新しい給湯器のリモコンは、
表示も数字が大きくて見やすく、
イラストもわかりやすくなっています。
 
とはいえ、いくらリモコンが見やすいからといって、
それだけの理由で給湯器を交換するという人は
まずいないでしょう。(と私は思います)
 
ただ毎日お湯を使いたい時に、
お湯をしっかりと出してくれる働きをきちんとしてくれてさえいれば、
問題を感じることはほとんどないですよね。
 
ここの所、気温が低くなってきたので
設定温度を少し高めの43度ぐらいにしていらっしゃる方も多いと思います。
浴槽にお湯を貯めてゆっくりと浸かれば、
一日の疲れがずいぶんと癒されますよね~。
 
 
これからだんだん寒くなる一方なので、
「お湯が出ない」なんていう日を何日も過ごすことにならないよう、
もし取り替えた場合にはいくらぐらいの費用になるのか、
調べておいて損はありません。
何しろ、メーカーの「設計上の標準使用期間は10年」ですから。
 
10年以上お使いで、少しでも気になる点があれば、
「給湯器KANSAIねっと。」までご連絡ください。
お気軽にお電話ください! メールでのお問い合わせは365日24hOKです。フリーダイヤル 0120-920-481 平日(電話対応時間)9:00~18:00

お急ぎの方は今すぐお電話 0120-920-481
0120-920-481