BLOG

2017年10月11日 18:45

風呂釜ってご存知ですか?

      
今日も夏日でした!
 
思わず、日焼け止クリームを首筋・腕にぬったほどです。
もう今年は塗ることがないだろうと思っていたのですが。。
 
最近ですが、カメムシをよく見かける方はいませんか?
今日は家の網戸の外側にペタ―っと止まっているのを見つけました。
このところ毎朝、駅迄の道でも、駅の階段でも見かけます。
踏まないように気を付けて歩いてま~す。
 
 
 
先日、お客様のお問い合わせの内容から、
昔私が住んでいた家を思い出しました。
 
時々問い合わせでもありますが、
「風呂釜」と聞いて、皆さま、ピンときますか?
 
私はすぐにはピンときませんでした。
 
ようするに、「風呂に水をためてお湯を沸かす釜」のことです。
 
給湯器は浴槽にお湯をためることしかできません。
風呂給湯器だと追い焚きや差し湯のような機能でお湯を温めなおしたりできます。
 
 
昔住んでいた家は「風呂釜」でしたので、
お風呂に入るときは、
まず水をためて、
浴槽にふたをして、
夏なら20分、冬なら45分ぐらいお湯になるまで沸くのを
じっと待っていた記憶があります。
 
しかもシャワーは水しかでませんでした。
ですから、シャンプーをするときは、
風呂の中の沸いたお湯を洗面器で汲んで、
何回も何回も頭にかけては
減った風呂の水を足して、
沸かし続けるということをしていました。
 
今は、
「シャワーしたい」と思ったら、
待たずにお湯を出して汗を流すことができます。
でも、逆に風呂にお湯をためてゆっくりと入る、
ということをしないで済ませるようになったのも事実です。
住む場所によって、
また住宅設備によって、
お風呂の入り方も変わるものだなあと感じました。
 
 
皆様のお風呂事情でお困りごとあれば、
給湯器KANSAIねっと。までご連絡ください。
お気軽にお電話ください! メールでのお問い合わせは365日24hOKです。フリーダイヤル 0120-920-481 平日(電話対応時間)9:00~18:00

お急ぎの方は今すぐお電話 0120-920-481
0120-920-481