給湯器BLOG 2017年10月

 
いよいよ10月も終わりです。
今年もあと2か月。。。さらに頑張ります!
 
弊社給湯器KANSAIねっと。は
大阪を拠点に給湯器の取替をしている会社です。
もちろん尼崎、西宮、神戸、京都方面にも伺います。
 
しなしながら、
たとえば午後急に「お湯が出ないから給湯器の取替をしてください」と
お電話いただいた場合、
商品も在庫があるとき、
お客様のお住まいが大阪なら当日お伺いできる可能性が高いのです!
是非、安心してお任せください。
 
ただ、給湯器を取り替えるということは、
10年に一度あるかないかのことですので、
もちろん、急にどの業者に依頼したらいいのか、
よくわからない、不安だと感じるのも確かです。

それでも、お湯が出ないなんていうのは、
冬場には一刻を争う問題です。
「とにかく早く、すぐになんとかしてほしい」という気持ちが一番にあるはずです。
でも、給湯器は高いからどこに頼んだらいいのかわからないから、
とりあえず、
CMでおなじみの大阪ガスに頼もうという方もいらっしゃるでしょう。

でも、今はインターネットの時代。
だれでもどこでも検索ワードに
「給湯器 大阪」「給湯器 関西」「給湯器 取替」
などと入力すれば、激安の店舗がずらりと出てきます。
 
それぞれに独自の保証サービスなども提供があり、
逆に多すぎてどこを選んでいいのか迷うこともあるでしょう。
 
多くの場合、検索して、上位に出てきたところから見て行かれるはずです。
それに加えて、価格やサービス内容が満足できるものであれば、
即注文ということになります。
 
 
大阪にお住いの皆様、弊社サイトに訪れていただきました折には、
是非、給湯器KANSAIねっと。に給湯器取替のご依頼をお待ちしております。
お客様の「お湯が出ない」というお声に、
一日でも早くよりよいサービスでお答えしたいと考えております。
最近、何かお得な商品をご購入されましたか?
この時期なら、月末セール、ハロウィンセールなんていうのがあると思います。
 
 
 
私は、半額セールで電動フェイスブラシを買いました。
はやってますよね~。女性にも男性にも。
ところが、2、3回使用したら、
電池切れみたいに動きが悪くなり、
最初から入っている電池は持ちがよくないとは聞いていましたので、
電池交換をしようと電池ケースのふたを開けると、びっくり。
なんと電池から白い液体が出ていて、ネバネバ状態。
古い電池ならこんな状態も見かけたことがありますが、
まだ購入して3回しか使っていないのに。。。
 
メーカーに電話して、修理で待つこと1か月。
内部部品を取り替えて修理完了とのことでした。
 
それにしても気分的には、「半額セールだからこんなものかなあ」という感じ。
 
こういうことって、
きっとたくさん起こっていることなんでしょうねえ。
買うときに外観はチェックできても、
さすがに電池ケースの中身までは見えませんからね。
 
 
前座が長くなりましたが、
最近よく、ネットやチラシで給湯器が81%OFFというように
かなり安売り感満載の広告を見かけられることが多いと思います。
夕方スーパーに行って、2割引きなんていうシールを見たら嬉しくなりますが、
80%以上も値引き(OFF)ってすごいと思いませんか?
 
割引というと、賞味期限が間近であったり、
売れ残りという印象がありますよね。
 
しかしながら、
給湯器に関していれば、○○%OFFだからといって、
売れ残ったり、使用期限が間近というような商品だからという理由ではありません。
 
弊社のサイト内「低価格の理由」には、
 
「給湯器KANSAIねっと。ではメーカーから直接給湯器を卸すことで仕入れ価格を抑えることは勿論、自社での一貫工事を徹底することにより作業経費の大幅削減を実現。他社より安価に給湯器をご提供しております。」
と記載があります。
 
安いからこれぐらいは仕方ない、
これぐらいは我慢しないといけないということではなく、
その価格競争は激しく、特にサービスの充実性を追求される時代です。
 
他社と同じ商品を良いサービスで安く、迅速にお見積りし
皆様に選んでいただける会社であり続けたいと日々精進しております。
 
 
給湯器でお困りごとがありましたら、
是非『給湯器KANSAIねっと。』までご連絡ください。
 
近頃ますます寒くなってきましたね。
 
お湯を沸かすのも時間がかかるし、
布団の中に入っても、
温まるまでに時間がかかるようになりました。
ホッカイロもそろそろ買っておきたい気分です。
今日は保温用のポットも出しました。
 
 
顔を洗うのも水だけでは冷たく、
お湯の温かさがありがたいですね。
 
ところで、最近、
給湯器のコマーシャルをよく見かけるようになりました。
 
やはりこれからの季節が、
給湯器取替の時期になるということですかね~。
 
夏の暑い時期に、
エアコンが売れるように、
 
冬の寒い時期には、
給湯器が売れるということです。
 
 
夏のエアコンもシーズンになると取り付けまでの時間が多少かかるように、
 
給湯器もこれからの冬の時期、
工事が増えてきますので、
待ち時間が増えてくることが見込まれます。
 
 
かといって、
急にお湯が出なくなって、
何日も我慢するなんてことは、
これからの寒い時期には大変なことです。
 
ですから、
「できるだけ安く」はもちろんですが、
「できるだけ早く」が重要です。
 
お客様の取替商品を正確に早くお見積りし、
お客様のご都合に合わせて
「一日でも早く」工事の手配をする。
 
当たり前ですが、
お客様の正確な情報提供が、
とても大切になりますので
くれぐれもご協力をよろしくお願いいたします。
 
『給湯器KANSAIねっと。』へ
いつでもご連絡お待ちしています。
 
今週末は台風がまた来るようですね。。。
 
この一週間は、
先週末の台風の残した爪痕がいろんなところで出ていましたよ。
月曜日、朝駅に行くと、電車はやっぱり止まっていました。。。
朝から大変でした。
 
ところで、今日はプレミアムフライデーだったようですが、
何かいいことありましたか?
私は、欲しかった本をネットで注文したら、
プレミアムフライデーで2倍ポイントだったので少し得した気分です。
お得な日が増えるとうれしいですよね。
 
この日はここで買い物をして、
また別の日はあそこで外食というように、
お得な日を満喫できると
毎日の疲れのリフレッシュにもなりますよね。
 
 
 
給湯器もお得に取り替えられたら、
すごーくありがたいですよね。
浮いたお金で、
ほかの買い物や美味しい物を食べに行けるかもしれせん。
 
突然給湯器が壊れて、
「これぐらいは費用がかかるだろうな」と予想してネットで調べてみると、
「えっ、こんなに安く取り替えられるの?」というサイトを見つけたとします。
 
皆さんはそのサイトを見て、どんな風にお考えになりますか? 
 
「ほんとに大丈夫?」
「とにかく安いのが一番」
「どこに頼んだらいいのかわからない」
「一番早く取り替えてくれるのはどこかな」
「支払い方法はどうなってるのかな」
「ここに書かれていない追加料金が色々かかるんじゃないかな?」
「やっぱり、ご近所で頼んだ方がいいかなあ」
 感じ方は色々ですよね。
 
私も自分が探しているものをどこで買うのか選ぶとき、
先に利用した方のレビューを見たりして参考にしています。
不安はできるだけ取り除くのがいいですよね。
 
台風が接近していることもありますので、
最近、給湯器が不具合を起こしているなど心配事があれば、
急なトラブルに備えておくと安心ですよ。
 
給湯器のことでお困りごとが起こったら、
給湯器KANSAIねっと。にご連絡ください。
 
『「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)のこと。
1分間に24L出せれば、24号となります。
号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができます。
家族の人数、お湯の使い方などから最適な号数を選びましょう。』 
(リンナイカタログより抜粋)
 
上記を読んでもわかりますが、
給湯器の『号数』は、給湯器選びにおいてはとても大切です。
 
 
 
たとえば、冬の寒い日に、
お母さんがキッチンで夕食の後片付け、
息子さんがお風呂でシャワー、しかも追い焚きしながら、
娘さんが洗面所で洗顔、
という3か所で同時にお湯をお使いの場合、
『号数』が小さいと、
十分な温度のお湯を思う存分、
全員が使用することはできません。
  
どの号数がどのような世帯におすすめかについては、
下記を参照にしてみてください。
 
・16号: 一度に複数個所で使用しない単身世帯向け
・20号: たくさんお湯を使うことの少ない2人家族
・24号: シャワー・キッチン・追い焚きなど同時で多くの使用をする4人家族
 
 
しかしながら、
基本的には、今お使いの給湯器の号数に従って、
同じものを選んでいただいています。
 
特に、マンションなど集合住宅では、
建物自体で使用可能な号数が決められている場合が多いです。
ですから、
今16号の給湯器をお使いで不便を感じているからと言って、
何も考えずに20号や24号に変えることはできないと思われます。
 
また、号数を上げたからと言っても、
既存の配管径や水圧の関係で、
期待したほど、湯量の変化を感じられない、実感できないという場合もあります。
 
さらに、『ガスメーター容量』により、
設置できる給湯器の号数も制限がありますので、
確認が必要です。
 
給湯器の取替は10年に一度あるかないかの出来事だと思いますので、
もし何かご相談があれば、
『給湯器KANSAIねっと。』までお問い合わせください。
 
最近は、
やっぱり給湯器の取替シーズンに入ってきたんだなあと
感じますね。
給湯器の不具合が出るシーズンとでもいえるのでしょうか。
こんなことを言われても、あまり嬉しくないでしょうが。。。
 
 
「お湯が出ないから一日でも早く取り替えてほしい」
 
「湯が出ないと銭湯に入りにいかないといけない」
 
「寒くて風呂にも入れないと帰りたくない」
 
「娘さんが学校に行く前にシャワーができない」
 
お湯が出なくなって困ること、お悩みの声はたくさんあります!
私たちも日々できるだけ多くのお客様のお声に応えたいと思っております。
 
        
 
困っているときや緊急のときは、
正しい判断がしにくい、
または急いでいるからこの辺りでいいか。。。と
高めの見積金額にも妥協してしまう可能性があるかもしれません。
まあ、これも急いでいるときには仕方ないと割り切る方もいらっしゃるでしょう。
あるいは高くても、失敗しないように
ある程度の知名度もあって、安心できるところに
依頼しようという考え方もあります。
 
 
弊社給湯器KANSAIねっと。では、
少しでも安く、また安心して迅速に
給湯器の取替のご提案ができるように
皆様をお待ちしております。
 
日本各地に給湯器の取替をする会社は数えきれないほどあります。
その中で、弊社のサイトに訪れていただいたのであれば、
何かの御縁だと思います。
 
是非一度、お見積りも兼ねてご連絡を下さい。
一同お待ちしております。

2017年10月23日 19:10

設計上の標準使用期間は10年

台風の大雨、大風すごかったですね。 
今朝の通勤は本当に大変でした。
でも、今日は洗濯物も外に干せたのでほっとしました。
 
 
給湯器は元気に動いていますか?
 
最近お問い合わせの多い給湯器の一部の機能が使えない、
例えば、追い焚きができない、
自動湯張りができないなど
これらも故障の一つで、
やはり10年以上経っていれば、
修理よりは取替をお勧めします。
 
メーカーノーリツの給湯器のカタログを見ると、
「設計上の標準使用期間は10年」と書かれていたりします。
給湯器もその使用頻度や使用方法、
設置場所環境によってその寿命は色々みたいです。
7、8年で壊れることもあれば、
20年以上使用しているというケースもあります。
 
ところで、給湯器の種類は数百あるということをご存知ですか?
機能的に大きく分類すると両手で数えられるぐらいだと思いますが、
実は多くの種類があるんですよね。(全部は覚えられませんが。。。)
それに、新しい給湯器のリモコンは、
表示も数字が大きくて見やすく、
イラストもわかりやすくなっています。
 
とはいえ、いくらリモコンが見やすいからといって、
それだけの理由で給湯器を交換するという人は
まずいないでしょう。(と私は思います)
 
ただ毎日お湯を使いたい時に、
お湯をしっかりと出してくれる働きをきちんとしてくれてさえいれば、
問題を感じることはほとんどないですよね。
 
ここの所、気温が低くなってきたので
設定温度を少し高めの43度ぐらいにしていらっしゃる方も多いと思います。
浴槽にお湯を貯めてゆっくりと浸かれば、
一日の疲れがずいぶんと癒されますよね~。
 
 
これからだんだん寒くなる一方なので、
「お湯が出ない」なんていう日を何日も過ごすことにならないよう、
もし取り替えた場合にはいくらぐらいの費用になるのか、
調べておいて損はありません。
何しろ、メーカーの「設計上の標準使用期間は10年」ですから。
 
10年以上お使いで、少しでも気になる点があれば、
「給湯器KANSAIねっと。」までご連絡ください。
 
 台風が接近中ですね。
 
今日スーパーに買い物行ったら、
「台風接近中。お買い忘れはありませんか?」という内容ののぼりが
数か所にたてられていました。
「台風の前に買い物しておこう」と思っていた一人でしたので、
言い当てられた気分でした。
最近のスーパーは親切ですね?!
 
天気予報でも、
台風に備え外出は控えましょう、
ベランダなどに置いてあるものは室内に入れておきましょう、
川には近づかないようにしましょう、
など注意がなされているのをよく耳にします。
 
台風と関係があるのかないのかはわかりませんが、
こんな日に給湯器が故障でもしたら、
落ち込みます。
 
特に最近は気温も低くなってきていて、
外出もできない、
家で過ごす時間が増えるのに、
お湯が出ないから風呂にも入れない。。。
考えただけでもついていない気分になります。
 
もうすぐ壊れますよ~というサインがあって徐々に壊れる場合なら、
まだ対処できるかもしれませんが、
10年以上使っている給湯器が突然全く動かなくなったら、
これは大変。
 
なぜなら、
普段から給湯器をどこで取り替えるかを
決めているという方は少ないからです
 

毎日どこででも買える食品や日用品などと違って、
どこで買ったらいいのか、
それに買っただけで使えるわけではなく、
取付工事も必要ですし、
さらに、
決して安い買い物ではないのであわてること、
間違いなし。
 
寒くなってきたこの時期に、
給湯器を10年以上ご使用なら、
お使いの給湯器が壊れた場合に備え、
ご予算などを検討しておくことをお勧めします。
 
見積もりだけでも、
『給湯器KANSAIねっと。』までご連絡ください。

  

給湯器の取替で検索し、
インターネットを見てみると、
 
「80%OFF」、「最大89%OFF」というような広告を見かけると思います。
 
 
 
とても安いと思いますよね。
私も思います。
 
 
例えば、150,000円するところ、
80%OFFだとすると、
30,000円ということになります。
それでは、30,000円で取替ができるのかというと、
残念ながら、そうではありません。
 
80%OFFというのは、本体だけの価格であり、
その他、リモコンや、工事代などが加わると、
思った以上に高い見積もりになることもあります。
 
給湯器本体の「販売」をしているところもありますので、
このような場合、なおさら、
金額には工事代などは含まれていない可能性が高いでしょう。
 
「取替」を検討しているのであれば、
工事代やその他の必要部材がどれぐらいかかるのかといったことを
必ず確かめる必要があります。
面倒でなければ、
2社以上から見積もりを取ると
相場がより見えてくると思いますので、お勧めします。
 
また、期間限定特価品などもありますので、
いろいろと検索して、納得して取替を決められると良いと思います。
 
どのような商品に取り替えたらいいのかがわかっている場合は、
ある程度ご自身でも調べられると思います。
しかし、何に取り替えたらよいか商品がわからない場合、
今お使いの給湯器の型式をお調べし、
ノーリツやリンナイその他メーカーサイトで取替商品を探してから、
見積を取るという方法もあります。
 
あるいは、給湯器の取替をしている業者であれば、
今お使いの型式から取替できる商品を見積してくれますので、
直接電話やメールで問い合わせてみてもよいでしょう。
 
 
表示されている金額に、
何が含まれていて、
何が含まれていないのか、
事前に見積で確認して安心して工事をご依頼ください。
 
 
何かお困りごとがあれば、
『給湯器KANSAIねっと。』までご連絡ください。

  

秋雨前線の影響か、雨模様で肌寒いですね~。

 

だんだん給湯器が活躍する時期ですね。
お使いの給湯器は問題なく作動していますか?
変な音がする、お湯の温度が安定しない、
水漏れがあるなど何かいつもと違うことがあれば、早めに確認してください。
 
今日は、「どんな給湯器がついているか」と聞かれたら、
皆様に確認していただきたい給湯器の「品番」について
少し詳しくお話したいと思います。
 
給湯器の品番は、ほとんどの場合、
給湯器本体に貼られているシールに、
アルファベットと数字の組み合わせで構成されて印字されています。
 
 
 下記ガスふろ給湯器の品番を例に、お話しします。
  【GT-2451SAWX-FFA BL】
 
【GT-】形式
     GT-(設置フリー形)、GRQ-(隣接設置型形)等
【24 】給湯能力(号数) 
     16:16号、20:20号、24:24号、32:32号
【51 】開発番号
【SA 】お風呂沸かしの機能  SA(シンプルオート〈自動〉)
     PA(プレミアム〈全自動〉)、A(スタンダードフルオート〈全自動〉)等
【W  】機器の設置形態   W:壁掛形、R:据置形
【X  】PRO-TECメカ(Q機能)の搭載有無 
     X:PRO-TECメカ搭載、 無印:PRO-TECメカ搭載なし
【FFA】屋内設置の給排気方式 
     FF :強制給排気形2本管方式(上方接続)
     FFA:強制給排気形2重管方式(上方接続)
     FFB:強制給排気形2重管方式(後方接続)
     PS設置形の型番
     無印/PS:PS標準設置形
     T    :PS扉内設置形
     TB   :PS扉内後方排気延長形
     L    :PSアルコープ設置形
     C    :PS扉内前方排気延長
【BL 】BL認定品
 
少し、専門用語も多くなりましたが、もちろん全部理解する必要はありません。
 
「給湯器の『品番』を教えてください」と聞かれたら、
本体に印字されている品番(型式)を確認してください。
この品番が分かれば、取替商品などもすぐに調べることが出来ます。
 
給湯器取替なら、給湯器KANSAIねっと。にご連絡ください。
 
さて早速ですが、
故障かなと思った時に試してみたいポイントを
以前の内容から再確認したいと思います。
 
今回は、
一度電源を切ってみる、 
ということです。
 
 
 
パソコンや携帯などもそうですが、
一時的なエラーであった場合は、
いったんスイッチを切ってから電源を入れなおすことで、
解決できる場合があります。
 
 
ガス給湯器の場合、
『コンセントリセット』という方法になります。
 
 
これは、給湯器本体の電源コードプラグをコンセントから一度抜き、
10~20秒ほど待ってもう一度挿すことです。
簡単なシステムエラーであれば、
このコンセントリセットをすることで直るかもしれません。
 
もしも集合住宅などにお住まいで、
コンセントが見当たらない場合は、
ブレーカーを落としてリセットしましょう。
ただし、たくさんの電気機器が使われた場合、
ブレーカーを切ったりつけたりという動作を繰り返すと、
機器の故障につながってしまいます。
ブレーカーのオンオフによりコンセントリセットを行う場合は、
他の必要ない電気機器の電源は切っておきましょう。
 
 
さて、シリーズ3回に分けて、
「故障かな?と思った時に試していただきたいこと」を書きましたが、
お役に立ちましたでしょうか。
 
もし、どれを試しても改善しない場合、
お使いの給湯器の年式によっては
修理も難しい場合があります。
 
使用年数が10年を超えているようであれば、
取替をご検討していただいた方がいいでしょう。
 
何かあれば、
給湯器KANSAIねっと。へご連絡ください。
 
昨日に引き続き、故障かなと思った時に、
試してみていただきたいことを
以前にも書いた内容から、復習してみたいと思います。
 
昨日は、
リモコンに表示されるエラーコードに関するチェックでしたが、
今回は、
「ガスの供給の確認」となります。
 
 
ガス給湯器が使用できない場合には、
給湯器以外のガス機器、たとえばガスコンロなどが
きちんと作動するかどうか確かめてみましょう。
 
何らかの原因で、
ガスの供給が止まっている可能性があるためです。
 
時々、お客様からの問い合わせで聞くことですが、
「ガスの点検の後から、お湯が出なくなった」という内容を
耳にします。
どうやら、ガスの点検に来た方が、間違って?ガス栓を閉じて帰られたようです。
このようなことが、少なからずあるようです。
 
ですから、ガスの供給の確認は必要と言えます。
 
もし、ガスコンロに火が付かない場合は、
ガスが閉栓していると考えることが妥当でしょう。
ガスコンロに火がついて10秒以上保たれた場合、
ガスはきちんと通っており、
給湯器のほうに故障があると考えられます。
 
現在のガスメーターはとても優秀で、
細かくコンピューターが搭載されている場合もあります。
そのため、地震やガス漏れの恐れ、
ガス圧の低下、機器の長時間の使用などで
ガスメーターの安全装置が作動して、
結果的にガスの供給が止まってしまったかもしれません。
 
ガスの供給が止まっていないとき、
時間をおいて再起動しても起動できない場合は、
給湯器が故障している可能性が考えられます。
 
 
何かあれば、
給湯器KANSAIねっと。までご連絡ください。
 
故障かなと思ったときに簡単にチェックできる一つのことを改めてご紹介します。
 
以前にも書いていますが、試してみてください。
 
だいたい、10年以上たっていれば、取替をお勧めしますが、
 
急ぎの時には、一時的にでも復旧できれば助かりますよね。
 
 
 
まず、リモコンがあれば、
リモコンの動作確認をしましょう。

問題なく作動したら、
給湯器が故障していれば、エラーの数字が表示されることがあります。
 
お手元に取扱説明書があれば、
エラーコードが書いてありますし、
取扱説明書が見当たらない場合でも、
インターネットでも見ることもできます。
また、弊社サイト内にもエラーコード一覧を挙げています。

エラーコードの内容には、自分で解決できるものがあります。

たとえば、
排気の目詰まりやフィルターの誤作動などで、
エラーになってしまった場合です。

エラーの中のいくつかは、
再起動をするだけで解決できるものもあります。
そのため、
修理を考える前にリモコンのエラーの数字を見て、
解決策があるかどうか落ち着いて考えてみることが大切です。

お使いの給湯器のメーカーによって、
リモコンに表示されるエラー数字は異なりますので、
公式サイト等で調べてみてはいかがでしょうか。
 
 
しかし、上記で万一解決したとしても、
10年以上経っていれば、
再度、故障する可能性は高いと言えるかもしれません。
 
 
 
取替に備えて、
工事費込みで48,000円~の
弊社、給湯器KANSAIねっと。で
是非、取替見積もりを取ってください。

2017年10月11日 18:45

風呂釜ってご存知ですか?

      
今日も夏日でした!
 
思わず、日焼け止クリームを首筋・腕にぬったほどです。
もう今年は塗ることがないだろうと思っていたのですが。。
 
最近ですが、カメムシをよく見かける方はいませんか?
今日は家の網戸の外側にペタ―っと止まっているのを見つけました。
このところ毎朝、駅迄の道でも、駅の階段でも見かけます。
踏まないように気を付けて歩いてま~す。
 
 
 
先日、お客様のお問い合わせの内容から、
昔私が住んでいた家を思い出しました。
 
時々問い合わせでもありますが、
「風呂釜」と聞いて、皆さま、ピンときますか?
 
私はすぐにはピンときませんでした。
 
ようするに、「風呂に水をためてお湯を沸かす釜」のことです。
 
給湯器は浴槽にお湯をためることしかできません。
風呂給湯器だと追い焚きや差し湯のような機能でお湯を温めなおしたりできます。
 
 
昔住んでいた家は「風呂釜」でしたので、
お風呂に入るときは、
まず水をためて、
浴槽にふたをして、
夏なら20分、冬なら45分ぐらいお湯になるまで沸くのを
じっと待っていた記憶があります。
 
しかもシャワーは水しかでませんでした。
ですから、シャンプーをするときは、
風呂の中の沸いたお湯を洗面器で汲んで、
何回も何回も頭にかけては
減った風呂の水を足して、
沸かし続けるということをしていました。
 
今は、
「シャワーしたい」と思ったら、
待たずにお湯を出して汗を流すことができます。
でも、逆に風呂にお湯をためてゆっくりと入る、
ということをしないで済ませるようになったのも事実です。
住む場所によって、
また住宅設備によって、
お風呂の入り方も変わるものだなあと感じました。
 
 
皆様のお風呂事情でお困りごとあれば、
給湯器KANSAIねっと。までご連絡ください。
 
今日は夏に戻りましたね~。
 
思わず家でもエアコンつけてしまいました。。。
 
 
ですから、
衣替えは先延ばしにすることにしました。
 
皆様も体調に気を付けてください。
  
 
今日もいろんな問い合わせがありました。
 
 ・リモコンが点滅したまま消えないので、怖くて風呂に入れない。
 
 ・リモコンの電源がつきにくい。
 
 ・お湯は出ているけど、急に熱湯になって温度が安定しない。
 
 ・キッチンの換気扇が動かない。
 
 ・エアコンの室外機から水漏れがある。
 
 ・ガスコンロの一口が使えない。
 
 ・排水の水の流れが悪い。
 
 ・キッチンの水を使うと水が漏れてくる・水がポタポタと止まらない
 
 ・トイレのスイッチが電球を変えてもつかない。
 
給湯器KANSAIねっと。は、
給湯器だけでなく、
いろんな設備工事もしていますので
住宅設備の様々なご質問・対応のご相談の連絡をいただいております。
 
例えば、キッチンの水栓が、
2バルブ(湯・水)を回してお湯を出すタイプを
お使いの方がいらっしゃるとします。
 
でも、だんだんとご自身の手の力も弱くなり、
また逆に、水栓は古くなってバルブを回すのも硬くて、
お湯を出すのが毎回大変だ、
とお感じの方もおられると思います。
シングルレバーのように上下に動かして、
水を出したり止めたりできるものに変えたい、
とお考えの方もいらっしゃいますよね。
 
 
バルブが硬くて回すのが大変だと、
例えば、普通は1回転ぐらい回すところを半回転しか回さず、
給湯器に十分な水量が行かないため不完全燃焼、
あるいは安定した温度のお湯を得られないなど
様々な問題につながる可能性もあります。
 
 
お住まいのことでお困りごとがあれば、
一度給湯器KANSAIねっと。までご相談ください。

2017年10月07日 16:35

工事するなら平日?休日?

 
昨晩は、風の音がひどく、雨も激しく降りましたね~。
気温も一段と低く、
思わずホットカーペットを出そうかと思ったほどでした。
 
今朝も雨は続いていましたが、
明日は晴れて気温も上昇するみたいです。
 
ついこの間まで、
「いつになったら涼しくなるんだろう」と考えていたのに、
今は、
「明日は暖かくなりそうで良かった~」と考えるわけですから、
ほんと、
適宜順応する力が問われるように思いませんか?
 
 
 
三連休中ですが、
皆様ゆっくりしておられますか?
 
まとまった休みには、
普段できない掃除や洗濯、買い物、読書にグルメ、
それに小旅行など、
それぞれの計画を立てられていると思います。
 
 
例えば、
給湯器の取替も連休の時にやってもらおうとお考えの方もいらっしゃると思います。
 
その場合、
余裕をもって、取替依頼をしていただいていれば問題ないのですが、
前日になって、
「明日お願いします」、ということになると、
連休中に取替依頼が集中するということも大いにありますので、
残念ながら、
ご希望通りに工事ができるとは言い切れません。
 
 
 
それに加え、
 
給湯器が在庫商品であればよいのですが、
発注が必要な場合もあります。
連休となると、
メーカーが思っていた以上に長い休みであったり、
時期にもよりますが、繁忙期には、
通常翌日入荷する商品でさえ、
「欠品中」との回答が来ることもあります。
 
ですから、
 
取替依頼が集中するような休日、
特に連休などをご希望されているのであれば、
見積と同時に在庫確認もしておくと
休日の工事依頼でも安心です。
 
 
何かあれば、いつでも
給湯器KANSAIねっと。までご連絡ください。

2017年10月05日 19:05

給湯器も衣替え?

 

昨日は、中秋の名月で

きれいなお月さまが夜空を照らしていましたね~。

皆様もご覧になりましたか?
 
風情を感じますよね。
なんだかしんみりした夜でした。
 
お店屋さんには、
 
ウサギの形をした餡いりの餅や三食団子が
 
たくさん並んでいました。
 
これからは紅葉も楽しみですし、
 
秋をさらに満喫したいですね~。
 
 
 
ところで、10月に入り、
 
衣替えはもうお済でしょうか。
 
急に気温が低くなり、
 
衣替えも寝具替えも追いつかないという感じですよね。
 
「明日は11月中旬並みの冷え込み」と天気予報で聞くと、
 
何を着て行こうかと迷われる方々も少なくないですよね。
 
 
 
給湯器の入替にも時期があるだろうと思います。
 
・10年以上使用している
・最近リモコンに表示にエラーがよくでる
・お湯の温度が安定しない
・追い焚きができなくなった
・燃焼ランプがつかない
・水漏れがある
・給湯器から異音がする
・その他
 
…こんな信号が出た時とは、
給湯器取替を考えるきっかけとなります。
 
もちろん、修理できる場合もあります。
 
しかし、修理できない場合も少なからずあります。
 
ですから、
取替の見積もりを早めにとって万全に備えておくことを
お勧めします。
 
賃貸で、
引っ越ししたマンションが、
当日から「お湯使えない」、
「給湯器が動かない」といった悲劇を
何度も聞いたことがあります。
やっと引っ越しが終わって、
荷物整理もひと段落ついたところで、
さあお風呂に入ろうとしたら、
お湯が出ない!なんていうことがあったら。。。
本当に気持ちのやり場がないという感じですね。
疲れも倍増しますよね。
 
突然起こるトラブルに
いち早く駆け付けたいという思いで
給湯器KANSAIねっと。は日々努力しております。
 
何かありましたら、
ぜひ給湯器KANSAIねっと。までご連絡ください。

2017年10月04日 19:00

給湯器設置の資格

質問ですが、
皆さんは、何か資格のようなものをお持ちですか?
 
 
 
漢検や英検、そろばん、簿記、フラワーアレンジメント、調理師免許など
今は様々な資格講座があって、
だれでも、やる気とお金と時間があれば
いろんなチャレンジができる時代になりましたよね。
 
芸能人でも資格マニアみたいな方多いですよね。
  
まあ、自分自身にも刺激になりますし、
それが趣味となるか、
仕事につながるかは別として、
私も資格がとれるなら何にでもチャレンジはしてみたいと思います。
皆様はいかがでしょうか。
 
ところで、
給湯器を設置するのにも
やはり、資格が必要です。
その中に、
「簡易内管施工士資格」というものがあります。
これが、毎年4月~3月まで1年ごとのスケジュールが出るんですが、
出たとたん、
ほぼすべての講習日程の席が
満席状態になるんです。
開催地「大阪」で申し込もうとしたら満席で、
『「九州」しか空いていません』と
言われたこともあります。
あるいは『「名古屋」に行けますか?』と
言われたこともありましたかね~。
ですから、
講習を申し込むなら、
前の年から、
“来年度のスケジュールが出た時点で連絡をいただく”
というような予約をする必要があるほどです。
あるいは、運よくキャンセルがでたとかで順番が回ってくることも。。。
 
ほかにも、「ガス機器設置スペシャリスト」なんていう資格もあります。
名前がいかにもという感じですよね。
 
ガスの取り扱いには、
安全第一を心がけて作業することが大切ですから、
資格を取るのも大変だということでしょう。
 
もちろん、
実際の作業にも、
細心の注意を払って安全に工事をします。
 
最近では、
「資格もないのに~~~をした」などというニュースを
頻繁に聞くように感じますが、
やはり怖いですよね~。
 
給湯器KANSAIねっと。では、
ベテランのスタッフが
安心安全な給湯器取替工事を行います。
 
給湯器のことでお困りごとがあるときは
給湯器KANSAIねっと。までご連絡ください。

2017年10月02日 18:10

ダメージ到来

  
10月に入りました。
 
さあいよいよ給湯器の季節がやってきました。
「えっ、どうして?」と思われるかもしれませんが、
やはり、暑い夏が終わり、涼しくなり始めると、
不思議と給湯器の取替依頼が増えるんですよ~。
皆様には申し訳ありませんが、、、、
ありがたいです!
 
      
 
自然界の生き物や草木がそうですが、
季節や気候を肌で感じて、
ちゃんと素直に毎年季節ごとにその姿を変え、
太陽の光や雨を体全体で感じて成長する姿には
いつも感動します。
 
皆さんも、
春のうつくしい桜、秋の見事な紅葉などを見ると、
その自然界の偉大さに、
心が温か~くなる感じが、
瞬間的にあるのではないでしょうか。
 
 
 
話が広がりすぎましたが、
 
どうやら、
給湯器も、
外壁やベランダ、PS(パイプシャフト)で、
ある意味、外気温をひしひしとその身に感じているのでしょうか。。。
はたまた、
厳しい夏の暑さのダメージが秋冬に出るのでしょうか。
 
本当に取替件数は上昇しまーす。
 
ところで、
家でお使いの家電に向かって、
『壊れないでね』と、声をかけたことはありますか?
私はあります。
「そんな馬鹿なことするの?」と、
お思いになるかもしれませんが、
私の場合、最近、15年以上使用している我が家の冷蔵庫が、
ときどき「うーーー!」と
うなり声のような音をだします。
なんだかやけに熱も持っている気がします。
そんな時です。
「壊れないでねー」と心でひそかに念じるのです。
念じたから壊れないわけではありませんが。。。
 
 
 
給湯器も「壊れたら困るベスト5位」ぐらいには入っていると思いますが、
冷蔵庫はその中でも、さらに上位ではないでしょうか?
冷蔵庫を買い替えるのも大変ですよね。
あれもこれも全部外に出さないといけませんから。。。
 
 
普通に考えて、
使用年数や使用頻度によって故障の度合いも高くなるでしょう。
それに、さらに
気候など外的要因が加わって、
結果、
新しい物と取り替える必要があるということになるのでしょう。
 
給湯器のことなら何でも
給湯器KANSAIねっと。まで
ご連絡お待ちしております。
お気軽にお電話ください! メールでのお問い合わせは365日24hOKです。フリーダイヤル 0120-920-481 平日(電話対応時間)9:00~18:00

お急ぎの方は今すぐお電話 0120-920-481
0120-920-481