BLOG

2017年09月03日 15:10

水量はどれくらいにしていますか?

 ここ最近、
 
 
 
自然の風が
エアコンにとってかわる日が来たとは
やはり、秋らしい感じがしますね~。
 
弊社では
年間を通じてほぼ毎日、
給湯器の取替はもちろんですが、
 
エアコンやガスコンロ、
換気扇や洗面化粧台の取替なども行っていますので、
 
給湯器のことでご訪問した際、
何か他の住宅設備でお困りごとがありましたら、
何でもご相談ください。
 
 
 
ところで
 
最近は涼しくなってきたのであまり感じないのですが、
気温が33度を超えるような暑い日が続いたときは
水道の水が生ぬるく、
一瞬、「えっ、お湯?」って思ってしまうこと
皆さんもきっとありましたよね。
 
こんな日はシャワーでお湯を出すときも
少し水量をしぼったりして、
少しでも水温を下げようとしながら、
お湯を使っている方が
意外と多いようです。
 
 
 
でも、
給湯器側は一定の水量に満たない場合、
不完全燃焼となり、
 
その結果、
 
まったくお湯にならない、
お湯の温度が安定しないなどの
原因となることもあります。
 
ですから、
暑い日でも給湯器がきちんと働くためには
一定量の水量は必要だということです。
 
例えがよいかどうか微妙ですが、
 
私たちの体にも
水分は不可欠で
水分量の摂取と排出のバランスが
大切だと言われていますよね。

特に、気温が高い日は
なかなか自分の体温調整も難しいのですが、
案外、給湯器の温度調整も
繊細な部分があるようですね。
 
何かあれば、いつでも
『給湯器KANSAIねっと。』まで
ご連絡ください。
お気軽にお電話ください! メールでのお問い合わせは365日24hOKです。フリーダイヤル 0120-920-481 平日(電話対応時間)9:00~18:00

お急ぎの方は今すぐお電話 0120-920-481
0120-920-481