給湯器BLOG

 
最近は、
やっぱり給湯器の取替シーズンに入ってきたんだなあと
感じますね。
給湯器の不具合が出るシーズンとでもいえるのでしょうか。
こんなことを言われても、あまり嬉しくないでしょうが。。。
 
 
「お湯が出ないから一日でも早く取り替えてほしい」
 
「湯が出ないと銭湯に入りにいかないといけない」
 
「寒くて風呂にも入れないと帰りたくない」
 
「娘さんが学校に行く前にシャワーができない」
 
お湯が出なくなって困ること、お悩みの声はたくさんあります!
私たちも日々できるだけ多くのお客様のお声に応えたいと思っております。
 
        
 
困っているときや緊急のときは、
正しい判断がしにくい、
または急いでいるからこの辺りでいいか。。。と
高めの見積金額にも妥協してしまう可能性があるかもしれません。
まあ、これも急いでいるときには仕方ないと割り切る方もいらっしゃるでしょう。
あるいは高くても、失敗しないように
ある程度の知名度もあって、安心できるところに
依頼しようという考え方もあります。
 
 
弊社給湯器KANSAIねっと。では、
少しでも安く、また安心して迅速に
給湯器の取替のご提案ができるように
皆様をお待ちしております。
 
日本各地に給湯器の取替をする会社は数えきれないほどあります。
その中で、弊社のサイトに訪れていただいたのであれば、
何かの御縁だと思います。
 
是非一度、お見積りも兼ねてご連絡を下さい。
一同お待ちしております。

2017年10月23日 19:10

設計上の標準使用期間は10年

台風の大雨、大風すごかったですね。 
今朝の通勤は本当に大変でした。
でも、今日は洗濯物も外に干せたのでほっとしました。
 
 
給湯器は元気に動いていますか?
 
最近お問い合わせの多い給湯器の一部の機能が使えない、
例えば、追い焚きができない、
自動湯張りができないなど
これらも故障の一つで、
やはり10年以上経っていれば、
修理よりは取替をお勧めします。
 
メーカーノーリツの給湯器のカタログを見ると、
「設計上の標準使用期間は10年」と書かれていたりします。
給湯器もその使用頻度や使用方法、
設置場所環境によってその寿命は色々みたいです。
7、8年で壊れることもあれば、
20年以上使用しているというケースもあります。
 
ところで、給湯器の種類は数百あるということをご存知ですか?
機能的に大きく分類すると両手で数えられるぐらいだと思いますが、
実は多くの種類があるんですよね。(全部は覚えられませんが。。。)
それに、新しい給湯器のリモコンは、
表示も数字が大きくて見やすく、
イラストもわかりやすくなっています。
 
とはいえ、いくらリモコンが見やすいからといって、
それだけの理由で給湯器を交換するという人は
まずいないでしょう。(と私は思います)
 
ただ毎日お湯を使いたい時に、
お湯をしっかりと出してくれる働きをきちんとしてくれてさえいれば、
問題を感じることはほとんどないですよね。
 
ここの所、気温が低くなってきたので
設定温度を少し高めの43度ぐらいにしていらっしゃる方も多いと思います。
浴槽にお湯を貯めてゆっくりと浸かれば、
一日の疲れがずいぶんと癒されますよね~。
 
 
これからだんだん寒くなる一方なので、
「お湯が出ない」なんていう日を何日も過ごすことにならないよう、
もし取り替えた場合にはいくらぐらいの費用になるのか、
調べておいて損はありません。
何しろ、メーカーの「設計上の標準使用期間は10年」ですから。
 
10年以上お使いで、少しでも気になる点があれば、
「給湯器KANSAIねっと。」までご連絡ください。
 
 台風が接近中ですね。
 
今日スーパーに買い物行ったら、
「台風接近中。お買い忘れはありませんか?」という内容ののぼりが
数か所にたてられていました。
「台風の前に買い物しておこう」と思っていた一人でしたので、
言い当てられた気分でした。
最近のスーパーは親切ですね?!
 
天気予報でも、
台風に備え外出は控えましょう、
ベランダなどに置いてあるものは室内に入れておきましょう、
川には近づかないようにしましょう、
など注意がなされているのをよく耳にします。
 
台風と関係があるのかないのかはわかりませんが、
こんな日に給湯器が故障でもしたら、
落ち込みます。
 
特に最近は気温も低くなってきていて、
外出もできない、
家で過ごす時間が増えるのに、
お湯が出ないから風呂にも入れない。。。
考えただけでもついていない気分になります。
 
もうすぐ壊れますよ~というサインがあって徐々に壊れる場合なら、
まだ対処できるかもしれませんが、
10年以上使っている給湯器が突然全く動かなくなったら、
これは大変。
 
なぜなら、
普段から給湯器をどこで取り替えるかを
決めているという方は少ないからです
 

毎日どこででも買える食品や日用品などと違って、
どこで買ったらいいのか、
それに買っただけで使えるわけではなく、
取付工事も必要ですし、
さらに、
決して安い買い物ではないのであわてること、
間違いなし。
 
寒くなってきたこの時期に、
給湯器を10年以上ご使用なら、
お使いの給湯器が壊れた場合に備え、
ご予算などを検討しておくことをお勧めします。
 
見積もりだけでも、
『給湯器KANSAIねっと。』までご連絡ください。

  

給湯器の取替で検索し、
インターネットを見てみると、
 
「80%OFF」、「最大89%OFF」というような広告を見かけると思います。
 
 
 
とても安いと思いますよね。
私も思います。
 
 
例えば、150,000円するところ、
80%OFFだとすると、
30,000円ということになります。
それでは、30,000円で取替ができるのかというと、
残念ながら、そうではありません。
 
80%OFFというのは、本体だけの価格であり、
その他、リモコンや、工事代などが加わると、
思った以上に高い見積もりになることもあります。
 
給湯器本体の「販売」をしているところもありますので、
このような場合、なおさら、
金額には工事代などは含まれていない可能性が高いでしょう。
 
「取替」を検討しているのであれば、
工事代やその他の必要部材がどれぐらいかかるのかといったことを
必ず確かめる必要があります。
面倒でなければ、
2社以上から見積もりを取ると
相場がより見えてくると思いますので、お勧めします。
 
また、期間限定特価品などもありますので、
いろいろと検索して、納得して取替を決められると良いと思います。
 
どのような商品に取り替えたらいいのかがわかっている場合は、
ある程度ご自身でも調べられると思います。
しかし、何に取り替えたらよいか商品がわからない場合、
今お使いの給湯器の型式をお調べし、
ノーリツやリンナイその他メーカーサイトで取替商品を探してから、
見積を取るという方法もあります。
 
あるいは、給湯器の取替をしている業者であれば、
今お使いの型式から取替できる商品を見積してくれますので、
直接電話やメールで問い合わせてみてもよいでしょう。
 
 
表示されている金額に、
何が含まれていて、
何が含まれていないのか、
事前に見積で確認して安心して工事をご依頼ください。
 
 
何かお困りごとがあれば、
『給湯器KANSAIねっと。』までご連絡ください。

  

秋雨前線の影響か、雨模様で肌寒いですね~。

 

だんだん給湯器が活躍する時期ですね。
お使いの給湯器は問題なく作動していますか?
変な音がする、お湯の温度が安定しない、
水漏れがあるなど何かいつもと違うことがあれば、早めに確認してください。
 
今日は、「どんな給湯器がついているか」と聞かれたら、
皆様に確認していただきたい給湯器の「品番」について
少し詳しくお話したいと思います。
 
給湯器の品番は、ほとんどの場合、
給湯器本体に貼られているシールに、
アルファベットと数字の組み合わせで構成されて印字されています。
 
 
 下記ガスふろ給湯器の品番を例に、お話しします。
  【GT-2451SAWX-FFA BL】
 
【GT-】形式
     GT-(設置フリー形)、GRQ-(隣接設置型形)等
【24 】給湯能力(号数) 
     16:16号、20:20号、24:24号、32:32号
【51 】開発番号
【SA 】お風呂沸かしの機能  SA(シンプルオート〈自動〉)
     PA(プレミアム〈全自動〉)、A(スタンダードフルオート〈全自動〉)等
【W  】機器の設置形態   W:壁掛形、R:据置形
【X  】PRO-TECメカ(Q機能)の搭載有無 
     X:PRO-TECメカ搭載、 無印:PRO-TECメカ搭載なし
【FFA】屋内設置の給排気方式 
     FF :強制給排気形2本管方式(上方接続)
     FFA:強制給排気形2重管方式(上方接続)
     FFB:強制給排気形2重管方式(後方接続)
     PS設置形の型番
     無印/PS:PS標準設置形
     T    :PS扉内設置形
     TB   :PS扉内後方排気延長形
     L    :PSアルコープ設置形
     C    :PS扉内前方排気延長
【BL 】BL認定品
 
少し、専門用語も多くなりましたが、もちろん全部理解する必要はありません。
 
「給湯器の『品番』を教えてください」と聞かれたら、
本体に印字されている品番(型式)を確認してください。
この品番が分かれば、取替商品などもすぐに調べることが出来ます。
 
給湯器取替なら、給湯器KANSAIねっと。にご連絡ください。
お気軽にお電話ください! メールでのお問い合わせは365日24hOKです。フリーダイヤル 0120-920-481 平日(電話対応時間)9:00~18:00

お急ぎの方は今すぐお電話 0120-920-481
0120-920-481